食事・サプリ

バストアップに効果的な食べ物や栄養素は?イソフラボンやボロンに注目!

もぐもぐ、むしゃむしゃ……。あ~、朝から食べるショートケーキは最高だな~♪
朝からよくケーキなんて食べられるわね……。そんな食生活を続けているうちは、バストアップなんて夢のまた夢よ。
え?食生活ってバストアップと関係あるの?
当たり前でしょ。食事によってバストアップに欠かせない栄養を体内に摂り入れることで、キレイな胸が作られていくんだから。
そうだったんだ~!ねぇお姉ちゃん、今日はバストアップに効果的な食べものについて教えてよ!
まったく、調子がいいんだから。それじゃ今日は、バストアップに効果的な栄養や食べもの、おすすめのレシピについてレクチャーしちゃうわよ!

大豆製品から摂れるイソフラボン

大豆のイメージ画像

バストアップに効果的な食べものとして、真っ先に挙げられるのが大豆製品に含まれるイソフラボンです。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造と働きを持つ成分です。特にマメ科の植物に多く含まれています。

イソフラボンは、別名「植物エストロゲン」とも呼ばれているわよ。

女性らしい体つきというのは、女性ホルモンの量やバランスに影響されて作られるものです。そのため、女性ホルモンが不足すると、当然ながら女性らしいボディラインが作られづらくなってしまいます

バストも同じく、ホルモンバランスによってサイズに影響が起こると考えられます。

そのため、イソフラボンを含む大豆製品を積極的に摂取することで、女性ホルモンの不足を防ぐことができるのです。

何事も過剰摂取はよくないけれど、不足している分については、食品で補っても問題ないの。むしろ、適度な大豆製品の摂取は健康に役立つし、栄養不足や栄養の偏りが解消されるから一石二鳥ともいえるわ。
なるほど~!いわれてみれば美容面でも、イソフラボンを含んだ化粧水とか乳液とかあるし、何かと活躍してるイメージだよね♪

大豆製品は日本人となじみが深く、身近なものだと調味料の味噌醤油が挙げられます。

また、納豆や豆腐、油揚げや厚揚げといった食品も大豆で作られています。

大豆製品ってこんなにたくさんあるんだ!これならすぐにでもたくさん食べられそう♪
イソフラボンはバストアップに効果的!エクオール検査もチェック イソフラボンがバストアップに効果的なワケ バストアップに欠かせない成分として、必ず名前...

バストアップに欠かせないボロン

キャベツのイメージ画像

バストアップに欠かせない栄養素の1つとして、イソフラボンの他にボロンが有名です。

ボロンは、ホウ素とも呼ばれるミネラルの1つです。主に野菜や果物、海藻などに含まれています。

ボロンには、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進したり、濃度を高めたりする働きがあります。

それと同時に、ボロンには脂肪を増やしてしまう作用があります。

え~!?バストアップしたいのはやまやまだけど、脂肪が増えて太っちゃうのはイヤだよ~!
安心して。確かに脂肪を増やす作用があると聞くと不安に思うかもしれないけど、ボロンは胸の脂肪部分だけを増やしてくれるという嬉しい働きを持っているの。
そうなの!?ボロンばんざ~~い!!

嬉しい作用を持つボロンですが、その反面、ボロンは熱に弱いという欠点があります。

そのため、千切りの生キャベツにつけ合せのりんごやぶどう、乾燥させていない海藻を食べるのがおすすめです。

ナッツにもボロンは含まれていますが、やはり熱に弱いため、食べるなら生ナッツにした方がよいでしょう。

りんごだと1日1個、ナッツはアーモンドで20粒前後食べることで、1日分のボロンが摂取できます

キャベツと海藻はサラダに使えるため、組み合わせて食べるという工夫も、無理なくボロンを摂取し続ける大切なコツといえます。

どの栄養素も大切だけど、ボロンは特にバストアップに重要な成分だから、意識して摂取していきましょう。ボロンはエストロゲンの分泌を促進させるだけでなく、大胸筋や乳腺にも刺激を与えてくれるから、まさにバストアップに欠かせない成分といえるわ。
キャベツはバストアップに効果的?ボロンとバストの関係を解説! 「キャベツを食べると胸が大きくなる」と言われるのはなぜ? 「キャベツを...

良質なタンパク質も大切

肉のイメージ画像

タンパク質は3大栄養素の1つで、糖質や脂質と並んで欠かすことのできない大切な栄養素です。

栄養は、量が十分ならよいというわけではなく、質のよさもまた大切なポイントとなります。

タンパク質には動物性と植物性がありますが、バストアップには植物性のタンパク質が最適です。

動物性タンパク質は、脂肪分の少ない鶏のささみ肉やマグロ、サンマに紅鮭といった食品に豊富に含まれているわ。
どの食品も大好き~!豚とかには動物性タンパク質って含まれてないのかな?
豚のひれ肉なんかも良質なタンパク源となっているわよ。バストアップを目的とした食事にぴったりね。

植物性のタンパク質としては、脂質も良質で豊富な栄養素が含まれるアボカドが狙い目です。

生でも食べることができるうえ、サラダに入れてもおいしく味わうことができます。あれこれとアレンジを楽しみながらバストアップに取り組めるでしょう。

タンパク質は、豆類かも摂取が可能よ。大豆を食べれば植物タンパク質とイソフラボンを同時に摂れるから一石二鳥ね。

野菜はブロッコリーやアスパラガスに芽キャベツ、穀類であればとうもろこしやお蕎麦、そして果物のバナナも良質なタンパク質を含みます。

植物性タンパク質の方がバストアップと相性がよいといっても、動物性タンパク質がNGというわけではありません。あくまで、それぞれのタンパク質をバランスよく摂ることが大切です。

1つの食材にこだわるんじゃなくて、いろんな食材をまんべんなく食べて栄養を摂取するといいんだね♪

バストアップにおすすめのレシピ

和食のイメージ画像

バストアップのおすすめレシピは、朝ごはんだと納豆や卵焼きに焼海苔と、長ネギや豆腐を入れたお味噌汁です。

納豆や豆腐からはイソフラボンが、卵焼きや焼海苔からはタンパク質がそれぞれ摂取できます。

お昼は、お肉や野菜に卵と、チーズを使ったパスタなどがおすすめで、ミートソースやクリーム系のパスタが狙い目です。

ポイントはイソフラボンやボロン、タンパク質を含む食材であるため、これらが含まれる食材を組み合わせて作りましょう。

パスタの場合だと、不足分はサラダで補えるため、組み合わせに幅広さが加わり、楽しんでバストアップメニューを用意できます

ガッツリ食べたい時は、つけ合せの千切りキャベツをおいしく食べられるトンカツや生姜焼きがおすすめよ。
どっちも栄養豊富な豚肉がメインだし、ご飯やお味噌汁に合うから、おいしくバストアップの食事が楽しめるね!

おやつには生ナッツがおすすめで、小腹がすいたら豆乳とバナナの組み合わせがベストです。

夕食は、豆乳ベースの白菜や鶏ささみを加えたあっさりとした鍋が、バストアップ向きのメニューとしておすすめです。

鍋だと野菜がたくさん食べられるうえ、あっさり鍋ならヘルシーであるため、カロリーを気にせずに済みます

味つけはコンソメや胡椒で行い、隠し味にオリーブオイルを加えるとさらにおいしさがアップします。

バストアップに役立つ料理は身近にたくさんあるから、朝昼晩とおいしく食べて必要な栄養素を摂りましょうね。

まとめ

イソフラボンやボロン、タンパク質などは、バストアップに欠かせない大切な栄養素です。

それぞれの栄養素が含まれる食品をまんべんなく摂取し、おいしく楽しくバストアップに取り組んでいきましょう。