バストアップ情報

正しい姿勢でバストアップ!猫背を治す方法も紹介

ぐで~~ん……だら~~ん……。
ちょっと、なんてだらしない姿勢してるのよ。そんなんじゃ大きくなる胸も大きくならないわよ。
えっ?おっぱいの大きさって、姿勢も関係してるの?
当たり前よ。むしろ日々の生活習慣で、バストアップに関係してない事柄を探す方が難しいわよ。
マジか!
はぁ、仕方ないわね。とっても意識が低くていつまで経っても猫背が治らないあなたのために、今日はバストアップによい姿勢について教えてあげるわ。
言いぐさはひどいが頼りになる姉~~!教えてくれ~~!!

バストアップできる正しい姿勢

背伸びする女性のイメージ画像

胸が小さいと、いまいち女性らしいボディラインになれず、悩む方も多いですよね。バストの小ささは、意識して姿勢をよくすることで改善できることがあります。

「姿勢をよくする」っていうけど~実際どういう姿勢が「悪い姿勢」なわけ?
そうね、じゃあ、壁に背中をくっつけて立ってみて。
え?……こう?
この時に、本来であればくっつくはずの足や骨盤、肩や頭の一部分が離れてしまっている人は、基本的に姿勢が悪いといえるわね。
ホギャ~~~~!!!足や骨盤、肩や頭の一部分が離れてしまっている……ッ!!
全部じゃないの。どんだけ姿勢悪いのよ。ちなみに、後頭部を壁にくっつけようとした時、お腹が前に出ちゃう人は、猫背でもあるということよ。

つまり、壁に身体の背面をすべてくっつけた時に、足や骨盤、肩や頭部がすべてくっつけられていれば、バストアップに繋げられる正しい姿勢になっているということになります。

普段から意識して姿勢を整え、背面を壁につけた時に、足や骨盤などがすべてくっつけられる状態を目指しましょう。

というと、具体的には?
普段から胸を張って過ごすのが一番よ。正しい姿勢を保つ時間が長ければ長いほど、姿勢の維持に必要な筋力も発達するの。そうしたらいずれは意識せずともバストアップによい姿勢がキープできるようになるからね!
は~い……ッ!(ぷるぷるぷる……)

バストアップの天敵!猫背を治すには?

猫背の女性のイメージ画像

読書したりスマホを操作したりする際、ついつい猫背になってしまう女性も多いでしょう。

猫背はバストアップの天敵とされているため、なるべく早く治すことが大切です。

猫背の解消に最適なのは、エクササイズを行うことです。日々の生活の中にエクササイズの時間を取り入れ、習慣化するようにしていきましょう。

エクササイズは以下の手順で行ってみてね。
  1. 足を肩幅に開いた状態で立つ
  2. 両手を頭の上に伸ばし、手のひら同士を合わせる
  3. 合わせた両手のひらを外側に向け、その状態でひじを曲げていく
  4. ひじを曲げると背中の肩甲骨が中央に寄っていく感覚がするため、できるだけ肩甲骨同士が近づくようにする

このように肩甲骨同士を近づけると、胸が張れるようになるため、猫背の解消に役立ちます

「より一層効果を得たい!姿勢をよくしたい!」という場合は、以下のエクササイズにチャレンジしてみましょう。

  1. 床に両ひざと両手を付け、四つん這いになる
  2. ひじや腕を曲げずに伸ばした状態のまま、少しずつ上半身を床に近づけていく

このエクササイズを行うと、上半身が床に近づくにつれ、肩甲骨とその周辺の筋組織が離れていきます。すると肩回りの可動域が大きくなり、猫背が改善されるようになります

また、外出時に重たいものを持ったり、肩にかけたりすることもやめましょうね。

寝る時も仰向けが理想

仰向けに寝る女性のイメージ画像

バストの成長には、体内の血流が大きく関わっています。血流がよいと、それだけ女性ホルモンや栄養がスムーズにバストに届けられるため、バストアップ効果を高めることができるのです。

そのため、血管が物理的に狭くなってしまううつ伏せや、血液の循環が悪くなってしまう横向きの姿勢は、バストアップに不向きです。

うつ伏せや横向きで寝る習慣がつくと、バストアップできないばかりか、逆に胸が小さくなってしまうこともあるから注意してね。

一方、寝る時に仰向けの姿勢を意識すると、バストの血流が妨げられることもありません。また、バストの型崩れの防止にもなります。

バストは、女性ホルモンの影響を大きく受ける特性を持っています。そのため、栄養とともに女性ホルモンがバストまでしっかりと届けられると、目に見えてバストのサイズが大きくなっていきます

人間は仰向けで眠ると肺が圧迫されずに楽に呼吸ができるから、リラックスして眠れるようにもなっておすすめよ。
良質な睡眠でバストアップ!胸を大きくするための寝方は? バストアップしたいなら寝る時は仰向けがおすすめ! ...

歩き方にも注意!

女性の足元のイメージ画像

バストアップの天敵でもある猫背。猫背を改善するためには、歩き方にも注意する必要があります。

特に、筋肉を活発に動かす歩行は、猫背のままだと猫背に合った筋肉が発達してしまい、エクササイズをしても元通りに戻しにくいという特徴があります。

そのため、歩く時は猫背にならないよう胸を張って歩くことが大切です。

胸を張るって、具体的にどうすればいいの?
肩甲骨に意識を向けて、肩甲骨同士を近寄らせるようにするのがおすすめよ。こうすると、自然に胸を張った姿勢になれるはず!

また、歩く際には腕を大きく振るようすると、バストの土台である大胸筋が発達し、胸に厚みやボリュームが生まれます

まとめ

バストは、姿勢をよくすることでサイズをアップできることがあります。

常に胸を張って過ごし、猫背を解消するエクササイズなども取り入れていきましょう。